余りにも悲しい事件・事故です。「子供だけを車に残すのは虐待・犯罪」です。
————-
(9/5追記)

母親は15時間に渡って放置、死因は熱中症による脱水症状等、車内には食べかけの飲食物が残されていたそうです。

 香川県警は4日、高松市内で車に女児2人を放置し、死なせたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで母親の無職、竹内麻理亜容疑者(26)=高松市=を逮捕した。女児2人は3日午後、意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で熱中症の疑いで死亡。県警によると、竹内容疑者は前日夜から2人を車内に残したまま、市内の繁華街の飲食店を数軒はしごして3日明け方まで酒を飲む姿を目撃されていた。

 当初は、猛暑の中、不注意から幼い姉妹が熱中症になった事故と思われていたが、調べを進めていくうちに、実は母親が子供を約15時間放置して死なせた、とんでもない“事件”だったことが分かった。

 亡くなった2人はいずれも幼稚園児の真友理ちゃん(6)と妹の友理恵ちゃん(3)。逮捕容疑は2日午後9時ごろから3日午後0時40分ごろまでの間、乗用車内に2人を置き去りにし、死亡させた疑い。車種は白色のBMWで、車内には飲みかけの水が残ったペットボトルや、食べかけのパンが入った袋があった。3日の高松市の最高気温は、9月としては観測史上最高の37・6度を記録していた。

 竹内容疑者がはしご酒をしている様子は目撃証言で確認され、子供を連れていない姿も周辺の防犯カメラに写っていたという。竹内容疑者は2人がぐったりしていることに気がつき、3日午後0時40分ごろに119番通報。その直前に駐車場から路上に車を移動させていた。駆け付けた消防士や警察官には「持病で2時間ほど車を離れてトイレに行った」と説明していたが虚偽とみられる。

 県警では目撃情報があった明け方から、通報した午後までの容疑者の足取りは捜査中。4日午後、司法解剖した結果、2人の死因は熱中症による脱水症状などだった。竹内容疑者は黙秘している。

 竹内容疑者は夫と娘2人の4人家族。夫は現場には同行しておらず、県警は「どこにいたかは明らかにできないが、違う場所にいたことは確認できている」と任意で夫からも事情を聴いている。虐待やネグレクトの情報は、県警と高松市の児相では確認できていない。県警幹部は「長時間の置き去りが認められ、逃亡、自殺を図る恐れもあった」ため逮捕したと説明している。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/09/05/kiji/20200904s00042000540000c.html

一家は夫婦と子供2人の4人家族だったそうです。いろいろと裏がありそうです。

この様な証言もありました。3日夜はトイレや大腸炎といった主張はまだ報道されていない時期です。

319 名前:不要不急の名無しさん[sage] 投稿日:2020/09/03(木) 20:53:35.96 ID:NtPdJp2X0
病院に駆けつけた親族はDQNだらけ。
医者や看護士に悪態をつき収まらない状況に。
本人はトイレに行ってた、車はエンジンをかけエアコンもつけてたと証言してるらしい。
トイレに長く行ってたのは大腸炎の病気だかららしい。

警察の調査で今後はっきりするだろうけどね。
今は親の証言が怪しいから親の行動がニュースでは報道されてない状態。

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599131898/

朝日新聞が詳しく報じています。

容疑者は知人男性と3軒以上の飲食店をはしごし、知人宅を訪れ、昼頃に車へ戻ったそうです。

これまでに育児放棄等に関する通報はなく、幼稚園へは事前に「1週間休む」との連絡があったそうです。

 高松市内の駐車場に止めた乗用車内に、6歳と3歳の姉妹を半日以上置き去りにして死亡させたとして、香川県警は4日、母親で無職の竹内麻理亜(まりあ)容疑者(26)=同市川島東町=を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。姉妹の死因は熱中症とみられる。県警は、竹内容疑者が姉妹を放置し、知人男性と複数の飲食店を飲み歩いていたとみて捜査している。

 高松北署によると、逮捕容疑は2日午後9時ごろから3日午後0時40分ごろまでの約15時間40分にわたり、高松市内の駐車場に止めた乗用車内に長女の真友理(まゆり)ちゃん(6)と次女の友理恵(ゆりえ)ちゃん(3)を置き去りにし、熱中症で死亡させたというもの。竹内容疑者は黙秘しているという。

 捜査関係者によると、防犯カメラの映像や目撃証言などから、竹内容疑者が2日夜に車を止めた後、知人男性と市中心部の飲食店を少なくとも3軒はしごし、3日の明け方まで酒を飲んでいたとみられることがわかったという。その後、知人宅を訪れ、昼ごろに車に戻ったとみて調べている。

 竹内容疑者は駐車場から近くの路上に車を移動させ、119番通報。現場で警察官に「具合が悪くなり、トイレに数時間行っていた」と説明したという。姉妹は意識がなく、搬送先の病院で死亡が確認された。車内からは飲みかけの水や食べかけのパンが見つかり、県警は竹内容疑者が置いていったとみている。

 署によると、竹内容疑者は夫と姉妹の4人家族。県によると、これまで児童相談所に育児放棄などが疑われる通報はなく、県警も把握していないという。

 姉妹が通う幼稚園の男性園長によると、夏休み明けの9月1日に竹内容疑者から「県外に行っている園児が多く、新型コロナウイルスに感染するのが怖いから1週間休む」と電話があった。園長は竹内容疑者について「運動会などの行事を率先して手伝ってくれていた。とても優しいお母さんと思っていた」と語り、「(姉妹に)7日に会えることを楽しみにしていたので、とてもショックです」とうなだれた。

https://digital.asahi.com/articles/ASN943W4CN94PTIL004.html

NHKも姉妹が通っていた幼稚園へ取材を行っています。ごく普通の母親と姉妹だったと伝わってきます。

死亡した姉妹が通っていた幼稚園の教諭は「2人ともとても素直で、ほかの園児と仲良く遊ぶ子どもだった。お姉ちゃんはお絵かきが好きで、いつものびのびと絵を描いていた。姉妹の仲もとてもよかった」と話していました。

竹内容疑者は自家用車で姉妹を送迎することもあったということで、教諭は「迎えに来たときは2人のかばんを両手に持つなど、娘さんたちの面倒をみる優しいお母さんだった。それだけに今回のことは信じられず、びっくりしている」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/takamatsu/20200905/8030007885.html

————-
(追記)
想定外の展開です。母親は前日夜から女児2人を車内に放置し、未明まで飲み歩いていたそうです。

前夜から子どもを車内に放置した疑い

香川県警の捜査関係者によると、4日に保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された母親は、2日夜から女児2人を車内に放置した疑いがある。異変に気付いた母親が3日午後、消防に通報した。

https://news.livedoor.com/article/detail/18841950/

【速報】車内で姉妹死亡 前日夜から2人を放置か…26歳の母親を逮捕 香川県警

3日午後、高松市の路上に止めた車の後部座席で6歳と3歳の姉妹が熱中症の疑いで死亡しました。
警察は、26歳の母親が2人を前日の夜から車内に放置して死なせたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで4日午前、逮捕しました。母親は黙秘しています。

逮捕されたのは、高松市川島東町の無職、竹内麻理亜容疑者(26)です。

警察によりますと、竹内容疑者は2日午後9時ごろから3日午後0時40分ごろにかけて、高松市の駐車場に止めた車の後部座席に長女の真友理ちゃん(6)と次女の友里恵ちゃん(3)を置き去りにし、熱中症の疑いで死なせた疑いです。

竹内容疑者は「車内で2人がぐったりしている」と3日午後0時40分ごろ、119番通報しました。警察の調べに対し、黙秘しているということです。

警察は、防犯カメラの映像や聞き込みなどから竹内容疑者が2日夜から3日未明にかけて、市内の飲食店数軒にいたことを特定し、4日午前9時前に逮捕しました。
車にエンジンや鍵がかかっていたかどうかは今後捜査するとしています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb1e8fe31d1bcaa8d782372969425d9326fa9ecc

「車から少し離れて戻ってきたら」は全くのウソでした。前日夜から当日未明まで飲み、どこかで寝て一晩を過ごし、昼になって起きて子供を迎えに来たら、待っていたのは無言の2人でした。

これは殺人と同じです。涙が出てきます。

隠蔽工作の疑いも指摘されています。意識が無い子供を見つけた後、車を移動させた可能性があるそうです。

 車が見つかった現場は個人宅の車庫前で長時間の路上駐車は難しい。県警は、母親が別の場所で子どもを放置した後、現場に移動させた可能性があるとみて裏付け捜査を進めている。(共同)

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/09/04/kiji/20200904s00042000187000c.html

飲み歩いた飲食店や一晩を過ごした場所にある駐車場から移動させたのでしょうか。極めて悪質です。

幼稚園や児童相談所には何らかの相談等はなかったのでしょうか。

発見当日は幼稚園へ休園する旨の連絡も無かったでしょう(母親が寝ていて連絡できない)。こうした行動は何度も繰り返されている筈です。

————-

6歳と3歳の女の子が死亡 車内で熱中症か 高松

3日昼すぎ、高松市中心部で6歳と3歳の女の子が車の中でぐったりしているのが見つかり、病院で2人の死亡が確認されました。警察は熱中症の疑いもあるとみて、一緒にいた母親から事情を聴くなどして調べています。

3日午後0時半すぎ、高松市常磐町で「車に子ども2人を乗せてその場から離れていたが戻ったら2人ともぐったりしている」と母親から消防に通報がありました。

警察が駆けつけたところ、乗用車はエンジンがかかった状態でしたが、後部座席でこの母親の6歳の長女と3歳の次女の2人がぐったりしていたということで、2人は高松市内の病院に運ばれて手当てを受けましたが、およそ2時間後にいずれも死亡が確認されました。

死亡したのは高松市川島東町に住む幼稚園児、竹内真友理ちゃん(6)と友理恵ちゃん(3)で、いずれも熱中症の疑いもあるということです。

現場は、高松市中心部のことでん・高松琴平電気鉄道の「瓦町駅」から南に150メートルほど離れた雑居ビルやマンションが建ち並ぶ地域です。

3日の高松市は最高気温が9月としては観測史上最高の37.6度を記録していました。

警察は母親から事情を聴くなど、詳しい状況を調べています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200903/k10012598411000.html

6歳と3歳の姉妹死亡、車内に残され熱中症か…女性「戻ったらエンジン切れてた」

3日午後0時40分頃、高松市常磐町で女性から「車内で子どもがぐったりしている」と119番があった。消防と警察が駆けつけたところ、女性の車の後部座席で、6歳の長女と3歳の次女が意識不明で倒れていた。2人は病院に搬送されたが、約2時間後に死亡が確認された。香川県警高松北署は、熱中症の疑いもあるとみて経緯などを調べている。

高松北署の発表によると、女性は通報時、「車から少し離れて、戻ってきた」と説明したという。

現場近くの住民によると、女性は取り乱した様子で、「エンジンをかけたまま車を離れたつもりだったが、戻ったらエンジンが切れていた」と話していたという。

現場は高松琴平電鉄・瓦町駅の南約200メートルで、飲食店などが立ち並ぶ繁華街の一角。

気象庁によると高松市では3日午後2時37分に37・6度を記録。同市で9月の観測史上最高となる暑さだった。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20200903-OYT1T50222/

どんな事情が合っても、子供だけを車に残して離れるのは許されない行為でしょう。私は絶対にしません。

偶にスーパーマーケットの駐車場に子供だけを残して買い物している知人を見かけます。知人には何も言いませんが、内心では「大丈夫?大丈夫?大丈夫????」と感じています。

「車から少し離れただけ」「すぐに戻るつもりだった」「(エアコンを付ける為に)エンジンを掛けていた」という言い訳は通じません。

厳しい言葉ですが、子供だけを車に残すのは虐待と同じです。降車させ、一緒に連れて行くべきでした。特に6歳と3歳なら容易です。2人と手を繋いで歩いていけます。

夏以外でも絶対にダメです。誘拐等の犯罪に巻き込まれる恐れもあります。

車が止められていたのは、高松市常磐町の一角でした。現場検証を行っているニュース映像から、この地域だと考えられます。琴電瓦町駅に近い地域ですね。

(注:放置していた子供の様子がおかしいのに気づいた後、ここへ移動させたそうです)

事件当日は平日の木曜日でした。子供2人は普段なら幼稚園へ通っている筈です。何らかの事情で幼稚園を休んでいたのでしょうか。

母親には外出せざるを得ない用事があったのでしょう。子供と一緒に車で移動し、所用中に子供の存在をうっかり忘れてしまったのでしょうか。

しかし、「うっかり」では済まされない結果が生じてしまいました。

子供2人を亡くし、家族や親戚一同は悲しみのどん底にあるでしょう。お悔やみを申し上げます。

こうした悲劇を繰り返さない為にも、「子供だけを車に残すのは虐待・犯罪」だと徹底すべきです。