大阪市の保育所等利用待機児童数について(令和4年4月1日現在・速報値)が公表されました。

大阪市の保育所等利用待機児童数について(令和4年4月1日現在・速報値)

大阪市では、待機児童を含む利用保留児童の解消を最重要施策として位置づけ、待機児童解消特別チームを立ち上げ、この間、従来の手法にとらわれず、あらゆる手法を駆使してその解消に取り組んできました。

これらの結果、保育所等在籍児童数は前年度より189人増加し、55,189人となり、また、令和4年4月1日現在における保育所等利用待機児童数は、ゼロとはならなかったものの、令和3年4月1日時点の14人からさらに減少し、4人となりました。(以下省略)

https://www.city.osaka.lg.jp/kodomo/page/0000566847.html

2022保育所等一斉入所結果分析、第1回は昨年と比較しつつ大阪市全体としての傾向を考察していきます。なお、昨年の分析記事はこちらからご覧下さい。

申込減、決定数・保留児も減少

まずは年度毎の入所申込数・決定数等を見てみます。

1.待機児童数

区分202220212020H31
新規入所申込数14,05214,58215,69015,093
新規入所児童数11,62811,90712,39012,318
入所決定率82.7%81.7%79.0%81.7%
入所保留児童数2,4242,6753,3002,721
保留率17.3%18.3%21.0%18.3%
転所希望336314418426
育休中929824680374
求職活動休止中等176199347422
幼稚園預かり保育1517207
企業主導型保育19125115990
無償化対象認可外05
一時保育利用
特定保育所希望等7731,0561,6561,369
待機児童数4142028
就学前児童数115,351118,657121,516123,030
保育所等在籍児童数55,18955,00054,30252,804
在籍率47.8%46.4%44.7%42.9%

大阪市の保育所入所待機児童数について(令和4年4月1日現在)より作成(以下同じ)

大阪市における、過去4年間の保育所等入所申込数や待機児童をまとめました。

各自治体が発表する「待機児童数」は実態に即していません。保育所等への入所のしやすさは、「入所保留率(決定率)」や「在籍率」を見て下さい。

新規入所申込数は14,052人でした。昨年より500人以上も減少しています。最大の理由は少子化です。申込減はもう止まりません。

一報、入所決定率は82.7%へ上昇しました。保育所等も募集数は増えるばかりなので、当然の結果です。

入所保留児童数は昨年より若干減少し、2,424人となりました(大阪市の資料は転所申込を除外していますが、当サイトでは含んでいます)。

その内訳は大きく変わりました。昨年までは「特定保育所希望等」が最も多かったのですが、今年は「育休中」が最多でした。

申込減によって希望する特定の保育所等へ入りやすくなったのと同時に、育児休業制度が周知拡充(2年育休・父親育休)されて取得者・取得期間が拡大した為でしょう。育休延長に必要となる「入所不承諾通知」を目的とした申込者もあります。

「企業主導型保育」も大幅に減っています。保育所等へより入所しやすくなった為です。数年前に大々的に導入された制度ですが、早くも岐路に立たされようとしています。

保育所等在籍率は過去最高の47.8%に達しました。早ければ2024年度に50%へ到達します。

1歳児申込数減、その他は微減

次に年齢毎の申込数等を見てみます。

保育所等新規入所申込者数の推移(毎年4月)

0歳児1歳児2歳児3~5歳児合計
H222,8124,4212,8063,14513,184
H232,7774,3552,6463,28213,060
H243,0264,6302,6503,26513,571
H253,0504,9442,7242,92413,642
H263,2275,1672,7243,07714,195
H273,2885,3142,5962,71613,914
H283,5145,5962,6592,59214,361
H293,8326,0692,6882,51215,101
H303,8386,1162,6302,35614,940
H313,9166,3292,4622,33215,039
20204,1966,5842,4862,42415,690
20213,7236,4962,1182,24514,582
20223,7156,1392,0932,10514,052

申込数が急減したのは1歳児です。2021年度一斉入所における0歳児申込数が前年比大幅減となった影響を引き継いでいると感じました。2021年度の0歳児入所を見送り、そのまま1歳児入所も申し込まなかった、という流れです。

それ以外の年齢は前年比若干減に留まっています。今後は就学前児童数の減少と保育所等への入所性向が綱引きをしつつ、申込者は緩やかに減少していくものと見込まれます。

お世話になっている保育所との園長先生と話をすると、今後の園児募集に対する危機感をしばしば感じます。周辺他園の存在、地域の子育て事情、

こうした数値を細かく見ていくと、区毎に異なる動きが生じている様子が浮かび上がってきます。次回は区毎の入所申込数・入所数・保留数等を基に、各区や前年度の内容と比較していきます。