またまた大阪市教育委員会で不祥事です。

男子生徒の下半身触った疑い、元中学講師の男を書類送検

 勤務先の大阪市立中学校で教え子の男子生徒の下半身を触ったとして、大阪府警は16日、池田明喜広(あきひろ)元講師(36)=同市浪速区=を強制わいせつの疑いで書類送検し、発表した。大阪市教育委員会は16日、9月25日付で元講師を懲戒免職処分にしていたと明らかにした。

 阿倍野署によると、元講師は6月3日午後、教室に1人でいた男子生徒のズボンの中に手を入れ、下半身を触った疑いがある。元講師は市教委に対し、「生徒が普段あまり反応を示さないので、下半身を触ったらどういう反応を示すのか見てみたかった」と説明したという。元講師は昨年4月に常勤講師に採用され、今年4月からこの中学校で担任を務めていた。市教委の担当者は「信頼を損なう行為で、生徒をはじめ皆様に深くおわびする」と話した。

https://digital.asahi.com/articles/ASMDJ54C8MDJPTIL011.html

大阪市で中学校の特別支援学級の講師だった男性が、男子生徒の下半身を無理やり触った疑いで書類送検されました。

強制わいせつの疑いで書類送検されたのは、大阪市立中学校で特別支援学級の担当だった元講師の男性(36)です。

元講師はことし6月、校内で特別支援学級の男子生徒のズボンに手を入れ下半身を触った疑いが持たれています。

教育委員会によると、元講師は授業の合間の休み時間に、男子生徒が着ていた制服のカッターシャツをズボンの中に入れた際に下半身を触ったということです。

男子生徒から相談を受けた親が学校に報告して事件が発覚し、大阪市教育委員会はことし9月、元講師を懲戒免職にしました。

調べに対し元講師は、「どんな反応をするか興味があった」と容疑を認めています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191216-19332115-kantelev-l27

大阪市教委ウェブサイトにも掲載されています。「警察より捜査に影響を及ぼすため、公表を控えてほしい旨の要望があった」そうです。

報道発表資料 元教職員の不祥事について

令和元年12月16日 14時25分発表

 大阪市立中学校元講師が、令和元年12月16日(月曜日)、強制わいせつ罪の疑いで大阪地方検察庁に書類送検されたという事実を本日確認しました。

 このたびのことは、全市をあげて不祥事の根絶に取り組んでいる中、また、法を守るべき立場にある公務員としてあるまじき行為であり、市民の皆様の本市並びに本市教育行政に対する信頼を著しく損なうもので、誠に申し訳なく、深くお詫び申しあげます。

 なお、大阪市教育委員会は、この元講師に対して、令和元年9月25日付けで懲戒処分を行いましたが、警察より捜査に影響を及ぼすため、公表を控えてほしい旨の要望があったことから公表を差し控えておりました。

 教職員の非違行為に対しましては、これまで厳正に対処してきたところですが、今後も、不祥事の再発を防止するため教職員の服務規律の確保によりいっそう努めてまいります。

1 当該元教職員
大阪市立中学校 講師 (36歳)

2 懲戒処分について

(1)処分年月日
令和元年9月25日

(2)処分内容
懲戒処分として 免職(地方公務員法第29条第1項各号)

(3)処分事由概要
 令和元年6月、勤務校において、生徒の着衣の乱れを直す際に下着の中に手を入れ性器を触った。

https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000488870.html

元講師は2014年3月まで大阪市立南港北中学校(住之江区)に勤務、2014年からはは田島中学校(生野区)に勤務していました。

池田 明喜広先生(社会科・田島中学校へ)
http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=j722635&frame=weblog&type=1&column_id=60122&category_id=2021

その後、2018年に常勤講師として(再?)採用され、今年4月から特別支援学級の担任を務めていました。

実は大阪市立小中学校では数多くの講師が教壇に立ち、中にはクラス担任に就く講師もいるそうです。教員不足が状態しており、講師で補充しているのが実情です。

ただ、正規採用の教員と比べ、講師は十分な待遇や研修等が行われているとは言い難いです。講師も敬遠され、「講師不足」が発生しています。

大阪市立小学校の講師が64人不足 学校は20-30代教員が多く、40代が非常に少ない

こうした状況においては、十分な能力と適性を有しない人間でも講師に内定してしまいます。また、大阪市は正規教員の受験倍率も低迷しています。

教育現場に問題がある人間が紛れ込むのは当然の結果でしょう。

正規教員に十分な待遇や報酬を保証し、講師ではなく正規教員を教育現場に配置すべきでしょう。

教員の質は児童生徒の学力に直結します。教職員にとっても児童生徒にとっても、魅力ある学校が大切です。