弥富市立十四山中学校で伊藤柚輝さん(中学3年生)が同級生に刺殺されてから1日が経ちました。

弥富市立十四山中学校(愛知県)で中3男子が刺され死亡 同級生の男子生徒を現行犯逮捕


加害者は「(被害者から)いじめられていた」と供述していると報じられています。少しずつですが、事件に至る背景が分かってきました。

今後も様々な報道が行われるでしょう。確定的な事実や証言等を時系列に並べ、事実関係を整理します。

日付出来事
2013年3月〜4月被害者・加害者が同じ保育所を卒園、十四山西部小学校へ入学した
2019年4月被害者・加害者が十四山西部小学校から十四山中学校へ入学した
被害者は野球部、加害者は別の部活動だった。
2020年4月2年生では同じクラスだった
9月被害生徒が立候補した生徒会選挙で、加害生徒が(嫌々ながら)応援演説を行った
2021年2月学校アンケートで「生徒会選挙の応援演説を頼まれたのが嫌」「友人と話している時に割って入ってくるのが嫌」等と訴えていた。
2021年2月~3月?担任が心配する声を掛けたが、「大丈夫です」との返事があった。
2021年4月トラブル再発を懸念し、3年生では別クラスになった。
11/14~16福井・金沢方面へ修学旅行。ゲーム目的で持ち込んだスマホを他の生徒に見つかり、教員に指導・没収された。加害生徒は「(告げ口のように感じ)嫌な思いをした。疎外感があった」と。
11/17?没収されたスマホを保護者経由で返却した。
11/22刃渡り約20センチの刺し身包丁をインターネットで購入した
11/24 7時45分開門した。
7時50分頃?加害生徒は通学用リュックに包丁を隠して登校した
8時頃加害生徒が被害生徒を3年生教室前の2階廊下に呼び出した。包丁でいきなり深く何度も刺した。肝臓や大動脈を貫通していた。
被害者は教室に戻り、仰向けに倒れた。
生徒の悲鳴を聞いた3年担任が状況を確認、職員室へ「救急車を」と電話した。
包丁を持って立ち尽くす加害生徒に教員が声を掛け、包丁を降ろした
他の生徒を別教室へ移動させた、教員が被害者の意識確認や心臓マッサージを行った。
8時10分職員室から消防や警察へ「生徒同士のトラブル。おなかを刃物で刺された」と通報した。
8時16分海部南部消防本部から救急隊が到着し、付近の大型病院(海南病院?/車で5分)へ緊急搬送した。
午前中の授業は自習に
加害生徒を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。
加害生徒が警察官2人に警察車両へ乗り込み、被害生徒は横たわって搬送された
9時45分頃「弥富市の中学校で事件、被害者は心肺停止」と報道
10時35分被害生徒が出血性ショックで死亡した。
13時40分頃生徒は給食後に一斉下校した。事件は知らされていなかった。
14時30分頃学校長等が被害者宅を訪れた。
19時~19時25分緊急保護者会が行われた。約140人が参加。校長や市教委は「トラブル等を把握していない」と発言した。
加害者は「(被害者に)いじめられていた」と供述
近隣住民が報道陣に「被害者はリーダーシップがあるが命令口調、トラブルが起きないか心配だった」と話した。
11/25大半の生徒は通常通りに登校した。一部生徒は「気持ち悪い」と欠席。
予定されていた期末試験は1週間延期に、3年生は卒業まで別教室で授業を行う。
加害生徒は名古屋地検に送検された

本当にいじめが行われていたのか、具体的な内容はまだ不明です。一部には「LINEグループを外された」という話がありますが、噂の域を出ていません。

最寄りの消防署から中学校まで車で5分、中学校から3次救急を担っている海南病院までも車で5分です。

極めて迅速に対応されたにも関わらず、救命できませんでした。殺意と傷の深さを物語っています。

昨夕に学校から帰ってきた子どもは、このニュースをじっと眺めていました。全国の学校で同種同様の事件が続かないか、本当に心配です。