(逮捕された碇利恵容疑者(左)と赤堀恵美子容疑者(右)、テレビ西日本より。)

いったい何が起きていたのでしょうか。「マインドコントロール」や「洗脳」という言葉が頭に浮かびました。

5歳男児が餓死、母親ら2人逮捕…「ママ友」が家族を支配か

福岡県篠栗町のマンションで昨年4月、当時5歳の男児に十分な食事を与えずに餓死させたとして、県警は2日、母親の碇利恵(39)、知人の赤堀恵美子(48)両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。県警は、赤堀容疑者が碇容疑者から多額の生活費をだまし取るなど支配下に置いていたとして、赤堀容疑者にも男児に対する「保護義務」があると判断した。

捜査関係者によると、両容疑者は、篠栗町の碇容疑者方のマンションで、碇容疑者の三男・翔士郎ちゃんに十分な食事を与えずに栄養失調状態にしたうえ、病院に連れて行くなど適切な治療を受けさせず、昨年4月18日に死亡させた疑いが持たれている。翔士郎ちゃんの死因は餓死だった。

翔士郎ちゃんが息をしていないことに碇容疑者が気づき、赤堀容疑者が消防に通報して発覚した。翔士郎ちゃんはあばら骨が浮き出るほど痩せ、体重は5歳児の平均(18・9キロ)を大幅に下回り、2歳児並みの約12キロだった。目立った外傷はなかった。

碇容疑者は、翔士郎ちゃんを含む子ども3人との4人暮らし。福岡児童相談所などでつくる協議会は2019年秋頃から、一家を支援対象として家庭訪問を行っていた。翔士郎ちゃんの死亡後、2人の兄は児相が一時保護した。

両容疑者は「ママ友」として知り合い、赤堀容疑者は数年前から碇容疑者宅を頻繁に訪れていた。碇容疑者は赤堀容疑者に信頼を寄せ、次第に赤堀容疑者の指示通りに行動するようになったという。

赤堀容疑者は19年6月から昨年6月までの間、碇容疑者から「元夫の浮気調査費」などの名目で、現金や預金通帳をだまし取ったなどとして、詐欺や窃盗の疑いで逮捕、起訴された。浮気や調査の事実はなかったという。赤堀容疑者は県警の調べに「金銭を受け取っていない」と否認している。

碇容疑者は生活保護費や児童手当など月20万円前後の収入があったとみられるが、現金はほとんど所持しておらず、赤堀容疑者から渡された食料を家族4人で分け合っていた。赤堀容疑者は「しつけ」と称して、碇容疑者に子どもの食事を抜くよう指示することもあったとされる。碇容疑者は翔士郎ちゃんの死亡後、県警に「生活に困っていた」と説明していた。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20210302-OYT1T50135/

 赤堀容疑者は、碇容疑者に対し、家の中に監視カメラを設置し、共通の知人が見張っているなどと信じこませ、「監視してるから(子どもに)食べさせ過ぎてはいけない」などと言っていたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/199b9df25832a859e86c5d7f70d869dab444dfce

事件が発生したのは、福岡県糟屋郡篠栗町大字尾仲697-1(尾仲ビル)でした。

事案が入り組んでいるので、時系列順に並べてみます。

日付出来事
1973年頃~福岡県大川市で産まれ育つ。旧姓は宮崎。地元の小中学校に通った。
1988年頃大川市外の私立高校へ進学した。在学中はトラブル多発だった。
1997年頃地元でスナックで雇われママをしていた。
2000年頃急にスナックを辞めて音信不通に。赤堀恵美子の両親が近隣住民から数百万円を借り、夜逃げした。
2001年赤堀容疑者が1回目の結婚(当時28歳)。久留米市内のホテルで挙式した。「優佳」と名乗っていた。結婚式費用約270万円を巡ってトラブルがあった。
2006~2008年頃赤堀容疑者が前夫名義で数百万円を借金し失踪、元夫は数年がかりで返済&離婚手続
2016年4月それぞれの子供が通う同じ幼稚園で知り合い、ママ友になった。
2017年周囲に「赤堀ユウナ、34歳」と偽って自己紹介していた。
2019年5月赤堀容疑者が碇容疑者へ「夫が浮気している」と嘘を言い、碇容疑者が夫と離婚、子ども三人を引き取りシングルマザーとなった。
2019年6月~離婚訴訟や浮気調査の費用名目で生活保護費や児童手当を詐取した(総額1200万円か)。
2019年6月~2020年4月篠栗町や児童相談所等が家庭訪問を16回行ったが、翔士郎くんと会えたのは5回のみだった。
2019年8月翔士郎くんへの食事制限が始まる。赤堀容疑者は碇容疑者へ食料を分け与え、家族4人で分け合うよう指示をした。しつけと称して「お兄ちゃんには茶碗1杯、その下の弟は少し減らす、翔次郎くんはなし」と子供達の食事量を指示した。子どもが太っていたら、「裁判で養育費や慰謝料をもらえない」と嘘を吹き込む。
2019年9月3人の子供がやせ細る姿に小学校や幼稚園が気づき、篠栗町へ連絡。町や福岡児童相談所が家庭訪問を行う。
2019年10月碇容疑者が生活保護の受給を開始する。児童扶養手当等も含めて月額約20万円を受給しているが、殆どを赤堀容疑者へ渡していた。
2019年11月翔士郎くんが幼稚園を欠席する様になり、幼稚園もやせ細った姿に疑問を持つ。その後、長期欠席が続いた。
篠栗町や児相が見守りを開始した。
2019年12月子供達の様子がおかしい事に、町や児童相談所が育児放棄を懸念する。
2020年1月翔士郎くんが幼稚園を正式に退園した。
赤堀容疑者が碇容疑者へ翔士郎くんを1人留守番させるように指示した。が、無断外出や食事を繰り返したので、赤堀容疑者が「しつけ」と称して食事を更に減らす様に指示した。赤堀容疑者が翔士郎くんを叱責する間、碇容疑者は家から出されて外で泣いていた。
翔士郎くんの健康状態や育児状況を把握するため、要保護児童対策地域協議会は町内の保育園への入園を勧める事を決定した。
2020年2月碇容疑者から篠栗町へ「役場職員が面接に入るのが嫌だ。役場の関与がない施設を探そうと思う。今回は保育園への入園をキャンセルする」と連絡があった。
「子供たちの様子がおかしい」と、近隣住民が児童相談所へ通報した。
地域住民から『虐待の疑いがある』との情報を得た福岡県警粕屋署が碇宅を訪問した。
2020年3月学校休校によって給食が食べられず、家庭内の食料配分が更に厳しくなった。
育児放棄等の可能性があるとして、警察が児相へ通告した。
2020年3月11日翔士郎くんの様子を確認する為に、児童相談所が家庭訪問した。痩せているが元気な姿を確認した(児相が目視確認したのはこの1回のみ)。
2020年3月12日翔士郎くんの祖母(碇容疑者の実母)が児相を訪問して「電気も止まっているようだ。安否や生活状況を確認してほしい」と対応を求めた(訪問の旨を児相は糟屋保健福祉事務所へ伝えたが篠栗町へは伝えず)。
2020年3月下旬家賃滞納による強制退去により、碇一家が死亡場所たる賃貸マンションへ引っ越した。
2020年3月31日祖母が児相を再び訪問。児相は11日に訪問した記録を元に「大丈夫」と説明した。
2020年4月
赤堀容疑者からの食事が届かなくなった。碇容疑者は友人から食べ物を譲ってもらったが、何も食べられない日もあった。
2020年4月8日祖母が児相へ「子供を監護したい、転居先を教えて」と再訪(電話かも?)したが、児相は拒否した。福岡児相は、危険度を示す段階が最も低い「C」と判断していた。
2020年4月9日頃食事が完全に途絶え、水だけの生活になった。
2020年4月13日篠栗町が家庭訪問したが、赤堀容疑者が「碇容疑者は対人恐怖症で会えない。子どもは元気にしている」と答えた。碇容疑者や翔士郎くんの姿は確認できなかった。
2020年4月18日22時頃に翔士郎くんの呼吸の異変に気付いた碇容疑者が近隣商店から赤堀容疑者へ連絡。碇宅を訪れた赤堀夫婦が消防に通報、病院に運ばれたが死亡した。死因は餓死。5歳児の平均体重(18.9kg)を大幅に下回る12kgしかなかった。免疫機能に関わる臓器「胸腺」が縮んでいた。
碇容疑者は衰弱して動けない翔士郎ちゃんの傍で創価学会のお題目を唱えていた。
2020年4月下旬?保護者仲間が赤堀容疑者から「葬儀代は創価学会が出した代わりに、香典は学会に渡した」と聞いた。赤堀容疑者は創価学会の信者だった。地元の学会員は「香典は貰っていない、赤堀容疑者は学会員」と話す。
赤堀容疑者が碇容疑者に「保護費はパチンコで使った」と説明するよう指示した
警察による事情聴取後、赤堀容疑者の指示によって碇容疑者は携帯電話(翔士郎くんの写真多数が保存)を破壊した。
2020年5月振り込まれた葬祭扶助も詐取した。
2020年6月警察の事情聴取を受け、碇容疑者は初めて元夫の浮気調査や裁判が赤堀容疑者のでっち上げだったと知った。
赤堀容疑者が架空のボスをでっち上げており、同じ小学校の保護者を警察が「ボスと呼ばれる心当たりはありますか」と事情聴取した。
2020年後半?「ボス」とでっち上げられた保護者が、コインランドリーで赤堀を問い詰めた。
2020年12月7日詐欺容疑で赤堀恵美子氏を逮捕した。
2021年3月2日碇利恵、赤堀恵美子両容疑者を保護責任者遺棄致死容疑で逮捕した。

このニュースを聞いて真っ先に思い出したのは、北九州や尼崎で発生した監禁事件です。

子育て中には小学校・保育所・幼稚園等で様々な方と知り合います。殆どの方はいわゆる「普通の方」ですが、中には「少しおかしい」と感じる方もいます。攻撃的な方もいます。

そうした方とは距離を取り、付き合わず、どうしても連絡しなければならない時も他の方や先生を通す様にしています。万が一のトラブルを強く警戒しています。

今後も様々な情報が明らかになってくるでしょう。北九州や尼崎の同種事案から推定すると、他にも犠牲者が発生している恐れがあります。「怖い」としか言い様がありません。

新しい情報が発表されたら追記します。

——-
(3/7追記)
やはりと言いますが、周辺では有名なクレーマーとして有名だったそうです。私も距離を取ります。

 《赤堀容疑者、有名なクレーマー》赤堀容疑者は、自身の家庭で3きょうだいを育てる一方、周囲に文句を付けるクレーマーとしても有名だった。同じ小学校に子供を通わせる保護者は「すぐ子供のことに首を突っ込む人」、赤堀容疑者が通っていた弁当店の女性は「店員を自宅に呼びつけて怒鳴り散らしていた」と明かした。周囲には「ユウナ」と名乗り、年齢も30代と偽っていたという。碇家への頻繁な出入りについては「光熱費を払ってやった」「育児放棄しているから面倒を見てやっている」と吹聴。隣人は「お姉さんだと思っていた」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/society/news/2021/03/05/kiji/20210304s00042000542000c.html