悲しい事故が起きてしまいました。25階からの転落、本人は何が起きているか理解できないままだったと思います。

25階ベランダから転落か、4歳女児死亡 大阪・北区のマンション

 13日午前6時10分ごろ、大阪市北区与力町の26階建てマンションで、近隣男性から「女の子がエントランスの屋根に落ちている」と110番通報があった。このマンションの25階に住む女児(4)が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。天満署は、ベランダから転落した可能性があるとみて調べている。

 署によると、女児は、母(41)、妹(2)と3人暮らし。母は「家の中で走り回っていたが、姿が急に見えなくなった」と話しているという。

https://digital.asahi.com/articles/ASPBF30WSPBFPTIL001.html

お悔やみ申し上げます。

「大阪市北区与力町 26階」で検索した所、該当したのは、ローレルコート与力町エルグレースのみでした。朝日新聞が掲載している写真とも一致しています。

このマンションの前は何度も通ったことがあります。この近辺は新設された保育所等が非常に多く、何度も現地や周辺の様子を見に行きました。

エントランス部分に落下したとのことなので、マンション北西側のベランダから落下してしまったのでしょう。

例えば25階のとある部屋はこの様な間取りとなっています。

https://www.homes.co.jp/archive/b-10413348/u-19061783/

この部屋は25階の北西部に位置しています。ここから屋根へ落下した可能性が高いです。

ストリートビューや間取り図等で確認した限り、出入りできそうな窓の外部にはベランダが備え付けられていました。窓から外部へ直接落下してしまう構造ではありませんでした。

昨晩から今朝に掛けての大阪は、ほどよい涼しさでした。開けた窓からは涼しい冷気が流れ込み、快適に寝られる気温でした。私も久しぶりにぐっすり寝られました。

今朝の大阪市の日の出は午前6時2分でした。事故が発生した6時10分の直前です。

日の出前後に目を覚ました子供が屋内を駆け回り、開いていた窓からベランダへ移動し、外を眺めていたら転落してしまった、という流れが思い浮かびました。

こうした事故を防ぐのに重要なのは、足場になる様な物をベランダに置かない事です。活発な4歳児の行動を常に見守るのは困難です。ましてや手の掛かる2歳児がいたら尚更です。

とは言っても、屋内から足場になる物をベランダに持ち出されたら防ぎ様がありません。

私は子供だけでベランダへ出ない様にキツく言い続けています。転落死は本当に怖いです。

———-
(追記)
名前が公表されました。ベランダに木製の椅子の様なものがあったそうです。

 13日午前6時10分ごろ、大阪市北区の26階建てマンションで「女の子がエントランスの屋根に落ちている」と住民の男性から110番があった。25階に住む林奏音ちゃん(4)が1階玄関のひさしの上に倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。頭の骨や肋骨が折れていた。天満署は奏音ちゃんがベランダから転落したとみて、状況や原因を調べている。

 署によると、奏音ちゃんは同居する母親(41)の長女で、妹(2)を含めた3人暮らし。母親は当時の状況について「子どものおねしょの片付けをしていて、転落に気付かなかった」と説明している。ベランダには木製の椅子のようなものがあった。

https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/551124

———-
(10/15追記)
「マンション名や保育所名を掲載する必要はないのでは?」との趣旨のメールを頂きました。真摯に指摘して下さり、ありがとうございます。

近隣にある保育所名は全くの蛇足でした。削除しました。なお、記載した保育所に通っているという趣旨ではありません。失礼しました。

本件事故に関しては建物や部屋の構造が重要な情報だと考えています。特に広い部屋やベランダといった構造は、事故と強い関係を有しています。

構造と事故との関係を指摘する以上、マンション名への言及は避けられません。

ただ、タイトル等で強く表示する必要は乏しいので、本文中のみの記載としました。