(逮捕された梯沙希容疑者、インスタグラムより)

育児放棄(ネグレクト)によって幼児が死亡する事件が後を絶ちません。

3歳女児を東京の自宅アパートで1週間以上も放置して死なせたとして、母親が逮捕されました。その間、母親は居酒屋で知り合った鹿児島の交際相手宅で過ごしていました。

 長女(3)を自宅に置き去りにし、衰弱死させたとして、警視庁は7日、東京都大田区蒲田1丁目の飲食店店員梯(かけはし)沙希容疑者(24)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。捜査関係者によると、置き去りにした期間は1週間に及び、梯容疑者はその間、知人の男性宅に泊まり、一度も帰宅していなかったという。長女の死因は飢餓と高度脱水症状だったという。

 捜査1課によると、梯容疑者は6月上旬、2人暮らしの長女稀華(のあ)ちゃんを自宅に放置して衰弱させ、容体が悪化しても医師の診断を受けさせず、十分な食事も与えないまま死亡させた疑いがある。

 捜査関係者によると、同13日午後4時すぎ、「子どもが呼吸をしていない」と自ら119番通報。稀華ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認された。司法解剖の結果、胃の中はほぼ空っぽだった。極端にやせた状態ではなく、目立った外傷はなかったという。

 任意の聴取に対し、梯容疑者は当初、「長女は体調を崩して食事をとれなくなった」と説明していた。その後の捜査で、稀華ちゃんを自宅に1人置き去りにし、男性宅で過ごしていたことがわかったという。事件後に入院したため、警視庁は7日の退院を待って逮捕した。日常的な虐待がなかったかなど事件の経緯について解明を進める。母子に関する虐待の通報や相談は確認されていないという。

 母子が暮らしていたマンション周辺で姿を見かけられるようになったのは2年ほど前。同じマンションに住む70代男性は「母親は愛嬌(あいきょう)があって親切で、女の子は活発だった。でも、2人で一緒にいるところを見たことはなく、女の子は今年に入ってから一度も見ていない」と話した。

https://digital.asahi.com/articles/ASN774SFLN77UTIL00D.html

 捜査1課などによると、梯容疑者は6月上旬、2人暮らしの長女の稀華(のあ)ちゃんを自宅に放置して衰弱させ、容体が悪化しても医師の診断を受けさせず、十分な食事も与えないまま死亡させた疑いがある。居酒屋で知り合った男性に会うため同5日から鹿児島県を訪問。13日に帰宅し、119番通報したという。

 捜査関係者などによると、梯容疑者は約3年前に稀華ちゃんの父親と離婚し、保育園に通わせながら働いていた。しかし、1年以上前に保育園の利用をやめてから稀華ちゃんを自宅に置いて仕事に出かけるようになり、勤務後に友人と飲食したりパチンコしたりして、帰宅が未明になることもあったという。警視庁は、さらに5月に3日間留守にしても問題がなかったことから行動をエスカレートさせた可能性があるとみている。

https://digital.asahi.com/articles/ASN783GY8N78UTIL00G.html

梯容疑者は宮崎県出身で、離婚後の2017年7月から現場マンションで稀華ちゃんと2人で生活。稀華ちゃんは一時保育園に通っていたが、昨年通園をやめていた。警察や自治体、児童相談所に虐待に関する情報は寄せられていなかったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/24b697f93cf6ace4d860b0d612df76e839affb9d

昨年までは保育施設を利用していたそうですが、その内に利用を止めていたそうです。

地方出身で頼る物がないシングルマザーが、果たして東京で保育施設を利用せずに生活できるでしょうか。極めて困難です。

報道によると育児放棄が常態化していました。稀華ちゃんを自宅で1人に残し、仕事や遊びに出掛けていたそうです。

証拠隠滅工作も行っていました。

 東京都大田区蒲田のマンションの一室で6月、梯稀華(かけはし・のあ)ちゃん(3)が放置され死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で警視庁に逮捕された母親の居酒屋店員、沙希容疑者(24)が5月上旬、3泊4日で鹿児島県を旅行し、稀華ちゃんを1人で放置していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。稀華ちゃんは同世代の平均より3キログラムほど体重が軽く、捜査1課は、ネグレクト(育児放棄)が常態化していた疑いがあるとみている。

 捜査関係者によると沙希容疑者は5月、元同僚の男性が住む鹿児島県を旅行。6月にも8日間、同県を訪れ、ホテルなどに滞在して男性に会っていたという。自宅マンション周辺の防犯カメラには、沙希容疑者が6月5日に1人で自宅を出て、同13日午後3時ごろ帰宅する姿が写っていた。

 事件は同日午後3時55分ごろ、沙希容疑者の119番通報で発覚。稀華ちゃんは心肺停止状態で搬送先の病院で死亡が確認された。

 沙希容疑者は、救急隊到着前に稀華ちゃんのおむつや洋服を新しいものに替え元夫に電話。無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知人男性と行ったやりとりが削除されており、捜査1課は、死亡直前まで稀華ちゃんと一緒に生活していたように偽装を図ったとみている。

 捜査関係者によると、稀華ちゃんは平成30年8月、大田区内の保育園に入園したが、昨年3月以降は通園していなかった。沙希容疑者は居酒屋店での勤務終了後も、友人との会食やパチンコ店通いで深夜帰宅することがあったという。

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/200708/evt20070814590019-n1.html

梯沙希容疑者はインスタグラムにアカウントを持っています。

友人達と東京生活を楽しんでいる写真が数多く掲載されています。

しかし、子供の写真は1枚も見つかりません。それどころか、子供の存在を示す物は何一つありません。

楽しい生活を過ごすには子供という存在が邪魔だったのでしょうか。それが育児放棄に繋がった様に感じます。

3歳児は手が付けられないぐらいに活発です。それに加えて一定の知性が生じ始めます。複数の言葉を繋げて、少しずつお話が出来る様になったのを覚えています。

しかし、周囲の方は放置されている3歳児に気づきませんでした。十分な食事が無く、大きな泣き声を上げられないほどに衰弱していたのでしょう。

母親に邪魔者扱いされ、存在を消されてしまった稀華ちゃんが可哀想でなりません。

——–
(7/9追記)
母親は日常的に稀華ちゃんを自宅に放置していました。1人で勝手に外出できない様に、今のドアをソファで塞いでいたそうです。

 東京都大田区のマンションの一室で6月、女児(3)が飢餓と脱水で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親(24)が調べに対し、「当時、居間のドアをソファで塞ぎ開けられないようにして外出した」と供述していることが捜査関係者への取材でわかった。(中略)

 救急隊が駆けつけた際、稀華ちゃんはマンション1階にある1DKの自宅奥の居間で、マットレスの上に横たわり、菓子パンの空き袋や空のペットボトルなどゴミが家中に散乱していた。居間にはダイニングキッチンに続く折れ戸タイプのドアがあり、その前にソファがあったという。(以下省略)

https://digital.asahi.com/articles/ASN787DLSN78UTIL042.html

実は「3歳児なら1人で部屋を出て徘徊できたかもしれない」とも考えていました。しかし、母親は万全かつ最悪の予防策を講じていました。

親子が住んでいたのは東京都大田区蒲田1丁目にあるマンションでした。

間取りは1DK(約32平方メートル)が中心ですね。家賃は8.7万円~9.6万円だそうです。高い!



https://www.homes.co.jp/archive/b-11526273/u-16896833/

この折り戸のキッチン側にソファを起き、子供が扉を押しても開けられない様にしていました。子供を監禁する、強い意志が感じられます。

ひょっとすると、以前に1人で留守番させていたら、勝手に外出して騒ぎになった事があるのかもしれません。でなければ、ここまで強い方法を採らないでしょう。

男性とのLINEメッセージを消す、偽装工作も行っていました。

 東京都大田区のマンションの一室で6月、女児(3)が飢餓と脱水で死亡した事件で、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親の居酒屋従業員梯(かけはし)沙希容疑者(24)が逮捕前の任意聴取に当初、女児の体調不良を装い、「新型コロナウイルスが怖くて病院に連れて行けなかった」などと説明していたことが捜査関係者への取材でわかった。

 梯容疑者が知人男性の住む鹿児島県から8日ぶりに帰宅後、119番通報するまで約50分かかっていたことも判明。女児は搬送時、新しいおむつをはいていたといい、警視庁は、この間に梯容疑者が汚れたおむつを取り換えるなどし、女児を看病していたように見せかけようとしたとみている。梯容疑者のLINEから男性とのやり取りが削除されていることも確認したという。

https://digital.asahi.com/articles/ASN787DLSN78UTIL042.html

ここまでして東京暮らしを続ける理由はどこにあったのでしょうか。

実は出身地の宮崎県に帰りづらい理由がありました。朝日新聞によると、母親は幼少期を児童養護施設で過ごしていたそうです。

 梯容疑者は宮崎県立高校の同級生で、当時はバレーボール部に所属していた。明るく人見知りしない性格という。小学生のときから児童養護施設から通学。高校を卒業してすぐ上京し、稀華ちゃんを出産してまもなく夫と離婚した。元夫は梯容疑者に暴力を振るい、稀華ちゃんに手を上げることもあったという。

https://digital.asahi.com/articles/ASN787DLSN78UTIL042.html

児童養護施設は原則として高校卒業と同時に退所します。親元には頼るに頼れないでしょう。

東京で子供を出産したものの夫とは離婚、頼れる地縁や血縁がない東京で懸命に生活していました。

しかし、まだ24歳です。同世代は仕事や遊びで充実した生活を満喫しているでしょう。そこに加わって楽しい時間を過ごす内に、子供の存在が邪魔になっていったのでしょう。

周囲には子供の存在を知っていた方もいるそうです。その事を指摘されると、「親族が同居している」と誤魔化していたそうです。

 東京・大田区で3歳の長女を1人きりで自宅に残し、衰弱死させた疑いで母親が逮捕された事件。母親が、実際にはいないはずの親族が同居して娘の面倒をみているかのように装っていたことが新たにわかりました。

 9日朝、送検された梯沙希容疑者(24)は、自宅アパートに3歳の娘、稀華ちゃんを放置して衰弱させ、死亡させた疑いがもたれています。

 梯容疑者は、自宅に稀華ちゃんだけを残して男性に会いに8日間、鹿児島に旅行していましたが、その後の捜査関係者への取材で、梯容疑者が、実際にはいないはずの親族が面倒をみているかのように普段から周囲に装っていたことが新たにわかりました。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4024071.html

子供の存在を苦痛に感じていた様子がうかがえます。

都会でのシングルマザー生活は本当に大変でしょう。頼れる地縁や血縁がなければ尚更です。保育所等といった福祉施設を利用しない限り、遅かれ早かれ行き詰まってしまう可能性が高いです。

仮に助けられるとしたら、保育園へ登園しなくなった平成31年3月です。ここで保育園や区役所が不審に思い、何らかの支援の手を差し伸べられていたら・・・・と感じざるを得ません。

———-
(7/10追記)
1カ月半に渡って自宅から外出させず、3歳児健診も受診させていなかったそうです。

 東京・大田区で3歳の長女を衰弱死させたとして逮捕された母親が、少なくとも1か月半にわたって長女を外出させていなかったことが新たにわかりました。

 保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された梯沙希容疑者(24)は、3歳で長女の稀華ちゃんを自宅アパートに放置して衰弱死させた疑いがもたれています。

 梯容疑者は自宅に稀華ちゃんだけを残して8日間鹿児島に旅行していましたが、その後の捜査関係者への取材で、梯容疑者が少なくとも1か月半にわたって稀華ちゃんを外出させていなかったことが新たにわかりました。自宅周辺の防犯カメラに稀華ちゃんの姿が写っていたのは5月上旬が最後だったということです。

 「最近見ないなとは思っていたんですけどね。しばらくお母さんだけでしたよ」(近所の人)
 「『稀華ちゃんのために頑張る』っていうのを聞いた覚えがあります。頼るあてがなかったんじゃないかなとは思いました」(学生時代の知人)

 また、稀華ちゃんは3歳児健診を受けておらず、区役所の職員が5月に自宅を訪問した際も梯容疑者は旅行中だったということです。警視庁は、育児放棄がエスカレートしたとみて調べを進めています。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4025055.html

3歳児を1人で留守番させるとは信じられません。たとえ昼寝中であっても、決して一人きりにはしませんでした。

恐らくは一緒に連れて行くのが面倒で、半ば自宅に放置していたのでしょう。

また、母親は稀華ちゃんの3歳児健診を受診させていませんでした。

理由無く区役所で行われる乳幼児検診を受診させないのは、「子供に危険が迫っている」という事態をうかがわせます。

蒲田区役所の担当者(保健師?)は自宅を訪問したそうですが、母親は旅行中だったそうです。ひょっとすると、稀華ちゃんが1人で自宅に取り残されていたかもしれません。

区役所職員が1人ぼっちの稀華ちゃんに気づけていたらと思うと、残念でやりきれません。

ただ、ソファで閉ざされた扉、そして体力が落ちている3歳児、泣き叫んでSOSを出すのは容易ではなかったでしょう。

また、保育園を退所したのは「お金が無い」からだそうです。

容疑者は娘を出産後に夫と離婚し、娘を保育園に預けていたが、19年3月に「お金がない」とやめていた。

https://www.j-cast.com/2020/07/08389765.html?p=all

世帯所得にもよりますが、シングルマザーであれば認可保育所の保育料は極めて低い金額となります。1~2歳児クラスでも0円~数千円のレンジに収まります。

「お金が無い」という理由であれば、通っていたのは認可保育所では無くて認可外保育施設でしょうか。

子育て世帯、特にシングルマザーにとって保育施設は最後の砦の一つです。

お世話になっている保育所でもシングルマザーが少なくなく、先生方と話し込んでいる姿をしばしば見かけます。保育所も各家庭の構成を把握し、特に気に掛けているのでしょう。

保育施設との縁が切れ、区役所職員が訪問しても接触できない一人親世帯、どうやってアプローチして福祉に繋げれば良いのでしょうか。

——–
(7/12追記)
週刊文春オンラインが特集記事を掲載しています。

【3歳女児放置死】ゴミ屋敷化した自宅で稀華ちゃんが過ごした最後の8日間「放置は常態化していた」
https://bunshun.jp/articles/-/38948

母親が夢中になった“鹿児島在住の元同僚男性” 男性は「(梯が)来たけど、別れたかった」【3歳女児放置死】
https://bunshun.jp/articles/-/38949

加害母も虐待されていた!「8歳で両親が逮捕」3歳女児放置死は“負の連鎖”が生んだ悲劇か
https://bunshun.jp/articles/-/38950

インスタグラムに掲載されている稀華ちゃんの画像は、鍵アカウントにアップロードされている物だそうです。

確証までは持てませんが、十中八九はこのアカウントでしょう。本人がフォロー中、「saki」が共通、アイコン画像はディズニーです。
https://www.instagram.com/saki__0.0__/

——–
(7/22追記)
今年5月にも放置していた容疑で追送検されました。

 東京都大田区の自宅マンションに6月、梯稀華ちゃん(3)が放置され餓死した事件で、警視庁捜査1課は22日、5月にも稀華ちゃんを自宅に放置したとして、保護責任者遺棄容疑で母親の梯沙希容疑者(24)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=を追送検した。捜査関係者への取材で分かった。梯容疑者は黙秘しているという。

 送検容疑は5月8~11日ごろ、大田区蒲田の自宅マンションに長女稀華ちゃんを放置した疑い。

 梯容疑者は、稀華ちゃんが亡くなった6月、約1週間にわたり1人で鹿児島県の知人男性を訪ねていた。捜査関係者によると、5月も同じ男性に会うため、稀華ちゃんを自宅に置き去りにして同県を旅行していたとみられる。

 梯容疑者は逮捕後、「放置しても大丈夫だと思った。死ぬとは思わなかった」と話したという。捜査1課は、5月に放置した際、稀華ちゃんに異常が見られなかったことから育児放棄がエスカレートしたとみて、詳しい経緯を調べている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020072200571&g=soc

どういった経緯で放置する様になったか、しっかりと検証する必要があります。こうした悲劇を二度と繰り返さない為に。