(更に追記)
最悪の結末となりました。3人の死亡が確認されました。

女児たちが通う宮若西小学校(福岡県宮若市)の日高暢裕校長は「きょうから夏休みで、6年生の6人で集まって勉強したようだ。昼食をとった後に『川に行こう』となり8人で近くの川に向かった。最初は浅いところで遊んでいたものの、4人が川の深みにはまってしまった。1人は近くにいた友達がなんとか引き上げたが、3人はそのまま流されてしまった。3人の姿が見えなくなったところで、1人が携帯電話で110番した」と当時の状況を説明した。

警察によると、午後1時前に「友達が川から上がってこない」と小学生の声で110番通報があった。消防隊が急行し、約30分後に水深2.5メートルから3メートルの川に沈んでいた2人を発見し救出。残る1人も7分後に川底から救出した。3人はいずれも小学6年の女子児童(11)。近隣の病院に運ばれたものの死亡が確認された。宮若西小学校の日高校長は会見で涙ぐみながら「きのう終業式で、元気な姿で送り出したところだった」と肩を落とした。

死亡した3人のうち1人は宮若市の中村優杏さん(11)。ほか2人は警察が身元の確認を進めている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c8ac43ce587817c2c6a44b61ff99505c0b4098d

溺れたのは近くの宮若西小学校に通う6年生の中村優杏さん(11)、小野愛莉南さん(11)、大澤湊來さん(11)の3人で、救助され病院に運ばれましたが、全員死亡が確認されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c31f627da0d7c188232a39ea71e42630a59f4db

学校近くの施設にて夏休みの勉強をする為に集まった後、昼食後に川へ遊びに行く話になったそうです。本当に残念です。

———————-
(追記)
2人の死亡が確認されました。言葉がありません。

 21日午後0時50分ごろ、福岡県宮若市福丸の犬鳴川で、「友だちが川から上がってこない」と110番通報があった。県警直方署によると、女子児童3人が川で泳いでいたところ、姿が見えなくなったという。消防隊員や警察署員が3人を川の中から発見した。北九州市内などの病院に搬送したが、午後3時前に2人の死亡を確認した。もう1人は意識不明という。

https://digital.asahi.com/articles/ASR7P4SJJR7PTIPE00H.html

———
小学生女児3人が意識不明の重体です。川遊び中に溺れました。

21日昼過ぎ、福岡県宮若市を流れる犬鳴川で小学生の女子児童3人が溺れ、病院に搬送されました。警察によりますと、いずれも意識不明の重体だということです。

警察によりますと、21日昼過ぎ、福岡県宮若市を流れる犬鳴川で、小学生の女子児童3人が溺れ、病院に搬送されたということです。通報があったのは、午後0時50分ごろで「友だちがあがってこない」と女の子の声で110番に通報してきたということです。

午後1時半ごろに消防と警察が3人を見つけ川から救助しましたが、3人とも意識がなく北九州市などの病院に搬送したということです。

消防によりますと、3人は、小学校高学年で11歳とみられ、現場に一緒にいた子どもの話からあわせて8人で遊んでいたということで、警察や消防が当時の状況などについて確認を進めています。

宮若市教育委員会によりますと宮若市内の小学校は20日が終業式で、21日が夏休み初日だったということです。

https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20230721/5010021273.html

警察によると、午後1時前に「友達が川から上がってこない」と小学生の声で110番通報があった。友人グループで川遊びをしていた際に3人の姿が見えなくなったという。消防隊が急行し、約30分後に川に沈んでいた2人を発見し救出。残る1人も7分後に川底から救出した。3人は小学生の女子児童(11)とみられる。近隣の病院に運ばれたものの、いずれも意識がない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e8cc9b9fa3a4eca05cd38c501b1d780a1cd979e

3人が溺れたのはこの付近です。ストリートビューを見る限り、護岸工事が行われているのは川の一部、それ以外は人間の手が入っていません。

ストリートビューを見ただけでも非常に危険な川だと分かります。河岸から川に掛けては傾斜が急、かつ足場は砂や泥です。大人ですら足を滑らせたら川に滑り落ちてしまいます。

数日前の大雨の影響もあり、川の流れは普段より早く、水かさも増していたでしょう。たとえ水深が浅くても立てません。何も出来ぬまま、流されていったものと考えられます。

事故現場付近には宮若西小学校があります。特に学区内や隣接学区等に川がある学校では、終業式や配布プリント等で「子供だけで川の近くへ遊びに行かせないで下さい」と強く注意を促している筈です。しかし、それでもこうした事故が起きてしまいます。

しかも、本件事故当時は8人が集まって遊んでいました。親に黙って、こっそりと子供だけで遊んでいたのでしょう。

川の近くではありませんが、我が家でも子供が「友達と○○公園に遊びに行く」と言い残して外出したものの、実際には遠く離れた△△さんの家や××公園で遊んでいたことがありました。子供の行動を制約するのは翻意ではありませんが、無期限で外遊び禁止としました(現在も継続中)。

今年は例年以上に水難事故が多いと感じています。コロナが5類に移行したことにより、自由に遊びやすい雰囲気が醸成されたのでしょう。また、ここ数年は水遊びや水泳授業等が少なく、水に対する警戒心等が薄れているのも影響しています。

3人は現在も意識不明です。何とか命は助かって欲しいのですが、全く楽観できません。30分以上も川底に沈んでいました。