新型コロナウイルス感染症に対峙する大阪の医療体制は危機的状況を通り越し、既に医療崩壊が起きている様に見えます。大半の数字が過去最悪を更新し、かつ更に悪化する事態が予想されています。

こうした状況はテレビ等では繰り返して報じられていますが、少し遅いなとも感じています。数日前に収録した状態が報じられる事が多いです。

そこで最新の情報をツイッター等で検索し、「大阪の医療現場や感染者の悲鳴」と題してみました。

PCR検査追いつかず…「自助」に頼る大阪 医療、教育にひずみ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b040afbb3731ea7d8f0191f7479797d982513a6f

新型コロナ重症患者の治療継続 病院に危機感
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210415/2000044058.html