大阪市立加美中学校に通う中学1年生が自殺を図りました。原因はいじめ、そして相談した担任教諭等の暴言や放置でした。有名ユーチューバー(加藤秀視氏)がYoutube上で晒しています。

大阪市立加美中学校への謝罪と対応を求めるオンライン請願署名
https://shushi.marvellous-labo.com/shomei/kamichu/

※本情報の真偽は不明です。

本動画等により、加美中学校のウェブサイトへのアクセス数は跳ね上がっています。昨日は8213件、今日は14時時点で約5000件に達しています。

http://swa.city-osaka.ed.jp/weblog/index.php?id=j752724&type=6

もし本件が事実だとしたら、学校側の対応は重大な問題があります。加害者に適切な指導を行うどころか、被害者を追い詰めるような言動を行いました。

一方、解せない事もあります。ユーチューバーが相談等に応じるならまだしも、学校側に何らかの対応等を求める根拠が全くありません。ユーチューバーは学校へ「親族」として連絡し(動画内のテロップで確認)、母親と学校との相談に同席する形を取っていました。

しかし、学校側としては「何の関係もない第三者」に過ぎません。ユーチューバーへの委任内容や学校との交渉内容によっては、非弁行為に該当しかねません。

こうした問題が学校内で解決しない場合、従来は弁護士や市会議員に相談するのが一般的でした。訴訟に至ったケースもあります。過去にも大阪市会で何度もいじめ事件が取り上げられています。

【3/15追記】大阪市立小学校で深刻ないじめが相次ぐ、小2女児が不登校・小5女児が投身自殺

私の記憶の範囲では、大阪市内で発生したいじめをユーチューバーが取り上げた事例はありません。

他県では生徒自身がSNS等を利用して声を上げ、マスコミ等が大きく取り上げ、学校側が対応せざるを得なくなったケースがあります。直近のケースは秀岳館高校(熊本県)です。

秀岳館暴行、SNS発の衝撃とリスク 部員顔出し謝罪再生100万回 誹謗中傷、個人情報漏えい…識者「相談できる大人いなかった」
https://kumanichi.com/articles/652720

本件いじめに関係が無いユーチューバーが絡む事により、問題がますます拗れる気がしてなりません。ネットで炎上し、ますます居づらくなりかねません。

時折見かけるのは、文春リークスへの投稿です。専門記者が周到な取材を行っています。文春の取材により、旭川いじめ事件の再調査等が行われています。

余談となりますが、こうした長時間のユーチューブを見続けるのは一苦労です。文章でまとめられていた方が、遙かに早くかつ正確に文脈を追えます。動画は時間当たりの情報量が少なくて難儀します。