コロナウイルス、国立感染症研究所より

驚きのニュースです。

新型コロナ対策で大阪市が給食無償化へ

 大阪市の松井一郎市長は17日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する経済対策として、子育て世帯を支援するため市立小中学校の給食費を4月から無償化する方針を明らかにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200317-00000131-kyodonews-soci

大阪市、4月から給食無償化へ 新型コロナ受け

大阪市の松井一郎市長は17日、市立の小中学校を対象に4月から給食を無償化する方針を明らかにした。これまで市は2021年度からの無償化を検討していたが、1年前倒しする。新型コロナウイルスの感染拡大による学校休校を受け、仕事を長く休むなどして所得が減っている子育て世帯を支援するのが狙い。

松井氏は同日、記者団に「子育て世帯は経済的に非常に苦しい状態だと思う。少しでも安心して子育てができるようにしたい」と述べた。市が18日に開く新型コロナウイルス感染症対策本部会議で正式に提案する。

20年度は所得制限を設けず全ての市立小中学校の児童・生徒を対象とする。21年度以降、所得制限も含めた対象者の範囲や制度の詳細を詰めた上で本格運用する。

市教委によると、給食を提供しているのは市立小学校287校、中学校128校で、給食費は児童・生徒1人当たり年間約4万4千~4万9千円。無償化には年間77億円程度が必要となる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56894240X10C20A3AC8000/

詳しい内容は大阪市長の囲み会見で述べられています(4分頃から)。

書き起こします。
・特に子育て世帯の経済状況が苦しい
・子供を家庭で見るのに支出が伴う
令和3年度から実施検討していた給食無償化を、前倒しし、この4月から実施したい
・令和2年度は給食費を頂かない
・令和2年度中に新たな方法を考えていきたい
・安心して子育てできる関係を作っていきたい
・正式には明日の対策本部会議で示す(議会にも)
・この議会中に予算案を提出したい、

質疑応答です。
・市の財政負担は70億円程度
・子供1人あたり年間5~6万円の可処分所得が増える
・(既に給食費が無償化されている)就学援助世帯に対する経済政策は国の役割
・本格実施に当たっては様々な制度等を検討する(所得制限等)
・令和2年度は所得制限を掛けない
・子育てに対する不安が大きい

(追記します)

休校に伴う経済的悪影響は、我が家にも降りかかっています。

働ける時間が減る以上に、子供に要する支出が爆発的に増えています。食費・学習教材費・娯楽費等、計算したくないぐらいです。

子育て世帯に対する経済的支援策として、実は給食費無償化は優れた内容だと考えていました。

公立小中学校へ通う全ての児童生徒(就学援助世帯を除く)の経済的負担が平等に軽くなります。高所得世帯ほど経済的恩恵が大きい、幼児教育・保育無償化とは真逆です。

更には給食費徴収に要する事務負担も軽減されます。毎月数万人の児童生徒から給食費をもれなく徴収し、未払世帯へ督促等を行う負担は軽くありませんでした。

ネックとなっていたのは財政負担でした。児童生徒1人あたり年間5~6万円を自治体が負担するのは容易ではありません。特に大阪市の規模となると、70億円にも達します。

大阪市が特別区に分割されても、給食費無償化は継続されるのでしょうか。

子育て世帯の家計に直接影響する施策である以上、ある特別区が廃止するのは非常に困難でしょう。

——–
(3/18追記)
対策本部で承認を得たそうです。

——–
(3/26追記)
3月24日に条例改正案が提出されました。26日の本会議で可決成立する見通しです。

附則に次の1項を加える。

(令和2年度の学校給食費の徴収に関する特例)

3 令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間に実施する学校給食に係る学校給食費については、第3条第1項の規定にかかわらず、徴収しない。

大阪市学校給食の実施及び学校給食費等の管理に関する条例の一部を改正する条例案

報道発表資料 学校給食費の無償化について

大阪市では、新型コロナウイルス感染症の拡大予防に向けた学校休業等をふまえ、保護者の経済的負担軽減等の観点から、緊急的な措置として、令和3年度実施に向けて検討することとしていた学校給食費の無償化を前倒しすることとし、令和2年度に限り、全児童生徒(小・中学校)の学校給食費を徴収しないこととします。

https://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kyoiku/0000498361.html

———-

なお、最新の感染者数等は、下記投稿をご覧下さい。

【新型肺炎コロナ】クルーズ船以外の日本国内感染者(3/25 23時更新)

毎日の体調管理&感染予防を

様々な報道等を見る限り、不特定ないし多数と共に過ごす(有症者が入り込むリスク)、一定の空間に長時間密閉される、他人と同じ物を触れる(接触感染)、会話や食事等を行う(飛沫感染)と感染するリスクが高いと感じています。

咳や微熱がある方は外出せず、自宅で療養するのが大切ですね。我が家は毎朝検温しています。学校や保育所等では朝の検温を義務化した方がよいかもしれません。

created by Rinker
テルモ(Terumo)
¥2,189 (2024/02/27 11:24:29時点 Amazon調べ-詳細)

定期的に換気を行いたいですね。まだ寒い季節が続きますが、着込んで耐えます。

他人とは同じ物を共用せず、触れざるを得ない部分は消毒するのが効果的でしょう。手洗いを徹底し、手袋を常用するのも良いかもしれません。

created by Rinker
おたふく手袋(OTAFUKU GLOVE)
¥1,436 (2024/02/28 06:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

マスクや咳エチケットを、そして食事中の会話は避けたいですね。

created by Rinker
超快適マスク
¥2,202 (2024/02/28 03:43:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
快適ガードプロ
¥2,080 (2024/02/27 23:30:16時点 Amazon調べ-詳細)

除菌用アルコール等の市中在庫は少しずつ復活していますが、マスクは全く見かけません。ドラッグストア等に入荷しているそうですが、即座に完売してしまうと聞きます。

私は↓のリンクを小まめに(オート)リロードし、在庫を見つけたら購入する様にしています。

Amazonマスク在庫(直売のみ、☆3つ以上)
https://amzn.to/2GF5r37

Amazonハンドソープ在庫(直売のみ、☆3つ以上)
https://amzn.to/3aYDTnj

Amazon除菌アルコール(手指用等)在庫(直売のみ、☆3つ以上)
https://amzn.to/2Se5l8e