G20大阪サミットが1カ月後に迫ってきました。世界中が大阪に注目します。

その反面、大阪では過去最大規模の規制・警備が行われるでしょう。

【G20大阪サミット・6/2更新】交通規制・休業情報を集約 広範囲に影響、市民生活・企業活動はマヒ

現在来日中のトランプ大統領に加え、中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領もサミットに合わせて来日する見通しです。それ以外にも20カ国以上の首脳や国際機関のトップが集まります。

これほどの要人が大阪に集結するのは初めての出来事です。広範囲に渡る規制と厳重な警備が行われます。

その結果、大阪で暮らす私たちにはどういった影響が生じるのでしょうか。とある子育て世帯の1日をシミュレートしてみます。

7時10分:小学校が休み、USJに連れて行ってもらう

G20大阪サミットの期間中、大阪市の小学校は臨時休業となりました。いきいきも休業です。

ママ友さんのご厚意に甘え、子供をUSJへ連れて行ってもらう事にしました。

7時30分:保育士がいない!

普段通りに子どもと一緒に保育所へ。

でも、何故か門が閉まっています。おかしい。1分後、汗だくになった先生がやってきました。

「○○先生、どうしたんですか?」と訊いたら、「今日は自動車が動かなそうだから、電車とバスで来た、遅くなって申し訳ありません。」と謝られてしまいました。

そういえば、今日から大阪サミットが行われるのをすっかり忘れていました。

7時40分:市バスが来ない!

最寄駅まで市バスで移動して出勤しています。しかし、時間になっても市バスが来ません。

時刻表には「市内中心部が通行止めとなるため、27日~30日は運休します」とする張り紙が掲示されていました。

真夏の様な暑さの下、歩いて最寄駅に行くのは辛いです。

7時50分:タクシーが捕まらない!

タクシーを捕まえて最寄駅に移動しようと考えました。

普段は多くのタクシーが幹線道路を行き交っているのですが、今日は全く見かけません。

10分ほど待って、ようやく乗車出来ました。

運転手に「今日はタクシーが少ないね」と話しかけたところ、「サミットによる通行規制が酷く、仕事にならない。休んでいる同業者が多い。」と返ってきました。

8時35分:ターミナル駅は厳重警備

職場最寄のターミナル駅で下車しました。ホームや駅構内は警察官だらけ。20メートル置きに警戒しています。

コインロッカーやゴミ箱も全て使えなくなっています。大きな荷物を抱えた外国人観光客が途方に暮れていました。

8時45分:横断歩道を渡れない

ターミナル駅から勤務先へは徒歩で向かいます。しかし、交差点の回りは警察官だらけで、横断歩道を渡ろうと待つ人混みが膨れあがっています。

これから某国の首脳が通過するので、交通規制を行っているそうです。規制されるのは自動車だけかと思ったのですが、歩行者や自転車も通行止めになっています。

10分後、ようやく首脳を乗せたとみられる車列が通過しました。

ようやく横断歩道を渡れると思いきや、通行止めが続いています。更に別の国の首脳が通過するそうです。上空ではヘリも待機しています。

いつまで待てば良いのでしょうか。今日は遅刻です。

12時10分:ランチが臨時休業

お昼休みに近所の居酒屋へランチを食べに行く事に。しかし、普段は開いている筈なのに、何故かシャッターが下りています。

そこには「大阪サミットで物流が止まって食材を仕入れられないので、臨時休業とします」と書かれていました。

ああ、お昼ご飯難民。

仕方なく、近くのコンビニでサンドイッチを買うことに。でも、店頭在庫が殆どありません。コンビニも配送トラックが来ず、品薄だそうです。

13時30分:打ち合わせが延期に

今日は午後から某社と打ち合わせです。でも、担当者から「今日は車が全く動かないので、打ち合わせを延期して欲しい」と電話が掛かってきました。

そういえば某社の本社は、某国の首脳が宿泊する四つ星ホテルと同じビルにありました。

14時30分:電話に誰も出ません

確認したい事があったので、南港に本社がある取引先に電話をしました。でも、誰も出ません。今日は臨時休業するのをすっかり忘れていました。

15時30分:集荷できません

取引先に依頼された書類とサンプル品を送ろうと○○運送に集荷を依頼する電話を掛けたのですが、「今日は渋滞が酷いので、集荷に窺えません。すいません。」と言われました。

急遽、近所にある郵便局に持ち込む事に。でも、窓口で「通常通り配達できるか分かりません。遅れる可能性があります。」との返事が。こんなところにもサミットの影響が。

17時15分:帰りも通行規制

定時で退社し、急いで保育所へお迎えに。

間の悪い事に、夕方も通行規制に引っかかりました。隣のサラリーマンがイライラしています。気持ちは分かるけど、待つしかありません。

夕方のターミナル駅は、朝以上に厳重な警備が行われていました。こんな駅を見たのは初めてです。

17時58分:保育所に駆け込む

18時直前に保育所へ駆け込めました。18時を過ぎると延長料金が発生してしまうので、この1-2分は大きな違いがあります。

保育室は普段よりガランとしています。先生が「今日は仕事を休む保護者が多く、園を休んでいる園児も多いです」と話していました。

私も休めば良かったかも。

18時30分:スーパーマーケットも品薄

少し食材が足らないので、子どもと一緒に近所のスーパーマーケットへ買い物にきました。

でも、普段より陳列されている食材が明らかに少なく感じました。生鮮食料品は殆どありません。これもサミットの影響でしょうか。

19時:USJは大混雑

ママ友さんと一緒に子供が帰宅しました。

同じ事を考えた家庭が多かったらしく、USJは小中学生を交えた家族連れで溢れかえっていたそうです。とは言え、土日よりは空いていたらしく、楽しく遊んできたそうです。

食材を買ってきたけど料理するのが面倒なので。ママ友さんご一家と一緒に近所のファミレスへ出掛けました。ここは普段通りのメニューがありました。

21時00分:テレビニュースはサミット一色

夜のテレビニュースはサミット一色です。

夕方に見かけた車列が放映されていました。まさか○○大統領が乗車しているとは、思いもしませんでした。警備が厳重なのに納得しました。

結論:事前準備をしっかりと

これはあくまで一例です。しかし、大阪のどこかでは、この様な影響が必ず発生します。

子育て世帯に出来るのは「事前準備」でしょう。仕事を休める方は休む、買い物は前日までに済ませておく、大阪市内中心部へは外出しないのが肝要だと感じています。

我が家も少しずつ準備を進めています。