H30新設保育所紹介、第17回は「明の守中崎町保育園(北区)」です。

なお、「大阪市内で平成30年4月までに開所する保育施設が発表されました!」に他施設の一覧表を掲載しています。ご参照下さい。

基本データ
仮称明の守中崎町保育園
住所北区中崎1-7-9
開所予定日平成30年6月1日(延期)
予定定員80名
設置・運営法人社会福祉法人陽気福祉会
電話番号06-0677-5100(開設準備室)
ホームページhttp://youki.ed.jp/pdf/170925.pdf

「明の守中崎町保育園」は北区中崎1丁目に設置されます。地下鉄中崎町駅のすぐ東、北野病院の北です。

同駅までは徒歩3分でたどり着きます。道中の大半は天五商店街を歩いて行けるので、大半の場所では傘を差さずに済みます。阪急梅田駅まで歩いても15-20分程度です。

設置予定地は古い住居等が密集していました。現在は完全に撤去され、既に更地化されています。工事を待つばかりという状況です。

ここで残念なお知らせがあります。同園は平成30年4月1日の開所を予定していました。しかし、開所予定日が平成30年6月1日へ延期されてしまいました。

肌感覚として、新たな園舎を建築して保育所を開所する場合、概ね半年程度の工期が必要です。同園は11月上旬になっても上物等の建築が全く着手されていません。開所が延期されるのは予想していました。

ここに4階建ての園舎が建築される予定です。敷地は広々としています。

完成イメージは保育園説明会のご案内チラシに掲載されています。

Download (PDF, 366KB)

この地域は商店街を中心に飲食店が多く、その背後に住居が密集しています。また、大阪環状線に沿って工場・倉庫が集中しています。典型的な商工混住地域です。

気になったのは、設置予定地の東側を南北に貫く道路です。走り抜ける自動車が非常に多く、園児が歩くには気を遣う道です。登降園・お出かけの際には注意が必要です。


(右手部分はホテルが建設中)

先に紹介した完成イメージでは、3階部分と屋上部分に園庭が設けられています。乳児クラスの園児が遊ぶには十分な広さでしょう。

しっかり外遊びしたい時には、すぐ南にある扇町公園へ遊びに行くでしょう。同公園は大阪市内屈指の広さがあります。大きな滑り台が目立ちますが、市営扇町住宅の裏にはブランコと小さな滑り台がある児童公園もあります。

明の守中崎町保育園を設置・運営するのは社会福祉法人陽気福祉会です。大阪市東成区に本部があります。大阪市内では明の守保育園第二明の守たまつ保育園を運営しています。

同園が開設される北区南東部は、大阪市内で最も保育所へ入所しにくい地域の一つです。工場跡地等にタワーマンションが次々と建設されています。毎年の様に多くの保育所を開所していますが、申込数に追いついていません。

6月開所まで待つか、それとも入所希望を他園に変更するか、難しい判断です。候補となる他新設園も、工事の遅れが目立っています。

———————
(11/15追記)
大阪市北区役所のウェブサイトにも掲載されました。

【保育】平成30年4月開園予定(仮称)明の守中崎町保育園開園遅延について

平成30年4月開園予定が平成30年6月1日開園へ変更となります。
仮称)明の守中崎町保育園
大阪市北区中崎1丁目
(準備室)06-6977-5100
選考については、一次調整(平成29年10月2日~16日申請受付分)での選考となります。
結果通知は通常通り、平成30年2月2日(金)発送予定です。

http://www.city.osaka.lg.jp/kita/page/0000416931.html