感染者数は日々増加していますが、意外な事に小中学生や未就学児の感染者は決して多くありません。

子育て世帯が感染リスクが高い行動を避け、感染しない様に心がけているのが一因でしょう。

ただ、例外的に小中学生の感染が多発している地域があります。大阪府大東市です。

2週間ほど前に大東市立四条中学校で複数の教員・生徒が感染しましたが、それ以降も相次いでいます。

7月28日に大東市立住道南小学校(大東市末広町16番1号)の児童2名が新たに新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。

7月28日に大東市立深野中学校(大東市深野北1丁目15番1号)の生徒1名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。

7月28日に大東市立諸福中学校(大東市諸福5丁目11番1号)の生徒1名が新たに新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。

7月27日に大東市立住道中学校 (大東市末広町17番1号)の生徒1名
7月28日に大東市立住道南小学校(大東市末広町16番1号)の児童2名
が新たに新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。

http://www.city.daito.lg.jp/kinkyu/1595203293430.html

目立つのは大東市立住道南小学校です。4人が感染しています。

感染経路を辿ると、始めに和歌山県事例に関連して一家3人(内2人が小学生)が感染し、更に別の小学生2人が感染しました。校内感染ですね。

3380 7/28 40 大東市 無職 7月26日 軽症 和歌山県事例 3381例目・3382例目の同居家族
3381 7/28 10 大東市 小学生 無症状 和歌山県事例 3380例目・3382例目の同居家族、大東市立住道南小学校
3382 7/28 就学児 大東市 小学生 無症状 和歌山県事例 3380例目・3381例目の同居家族、大東市立住道南小学校
3562 7/29 就学児 大東市 小学生 無症状 3382
学校関係
3563例目の同居家族、大東市立住道南小学校
3563 7/29 就学児 大東市 小学生 無症状 3381
学校関係
3562例目の同居家族、大東市立住道南小学校

小学生はいずれも無症状ですね。和歌山県から濃厚接触者の調査依頼があり、検査したのでしょうか。

実は7月28日~29日にかけて、大東市では「和歌山県事例」を濃厚接触者とする10人の感染者が発表されています。

複数の親子連れだと推測される構成です。幾つかの仲良し一家が和歌山県へ出掛け、現地で感染者と接する機会があったのでしょうか。

中学生3人の内、2人も和歌山県事例です。

3370 7/28 10 大東市 中学生 7月26日 軽症 和歌山県事例 3368例目・3369例目の同居家族
3546 7/29 10 大東市 中学生 無症状 和歌山県事例

少し不思議なのは、もう1人の中学生です。大阪市の20代無職男性との同居家族とされています。

3384 7/28 20 大阪市 無職 7月21日 軽症 2346
3564 7/29 40 大東市 パート 無症状 3384
同居家族
3565・3566例目の同居家族
3565 7/29 10 大東市 高校生 無症状 3384
同居家族
3564・3566例目の同居家族
3566 7/29 10 大東市 中学生 無症状 3384
同居家族
3564・3565例目の同居家族

実は大阪府下において、これだけ多くの小中学生が感染しているのは大東市だけです。偶然なのか、それとも理由があるかは分かりません。

大阪府の感染者は今後も増え続けます。臨時休校し、そのまま夏休みとなる学校もあるでしょう。

反対に夏休み中に緊急事態宣言等が発出され、休みが長引く事態も否定できません。

子育て世帯としては日々の感染予防に努めると共に、感染リスクが高い行動を控えるのが重要でしょう。

特に注意が必要なのは繁華街での外食です。